おすすめのプロテイン紹介!筋トレ・ダイエット・健康管理にも有効

タンパク質

こんにちは、マサです!

みなさんプロテインは飲んでいますか。

  • プロテインって何?
  • どんなものがあるの?
  • 何を選んだら良いかわからない

そんな方のために今回は私がおすすめするプロテインを紹介します。

それでは行ってみましょー。

プロテインは筋トレしない方にもおすすめ

プロテインを飲むと筋力がつく、筋トレしているムキムキのマッチョが飲むもの、というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

プロテインとは日本語に訳すとタンパク質で、実際の栄養素としてもほとんどタンパク質です。

そのため飲むだけで筋力がつくことはないですね。

ですが、肌、髪、爪など体のあらゆる組織はタンパク質でできているため、不足すると衰えてボロボロになってしまいます。

三大栄養素の中の炭水化物と脂質に偏りがちな現代の食生活において、不足気味なタンパク質をプロテインで補うことは、筋トレをするしないに関係なく健康作りに役立つと言えますね。

ホエイプロテインのおすすめはWPI製法とWPC製法

プロテインの中で最もよく飲まれているのがホエイプロテインです。

ホエイとは乳清のことで、ヨーグルドの表面に浮いている透明な液体と同じ成分ですね。

ホエイプロテインとは牛乳からタンパク質を抽出して粉末状に精製したものと考えるとわかりやすいと思います。

ホエイプロテインには精製方法によってWPIとWPCの2種類があります。

WPI

タンパク質の割合が高く吸収が早いため筋トレをする方には向いているプロテインです。

また、乳糖が入っていないため、牛乳でお腹が緩くなる方でも安心して飲めます。

  • タンパク質の比率が高い(90%程度)
  • 牛乳に含まれる乳糖やミネラルが入っていない
  • 消化吸収がWPCに比べ早い
  • 値段がWPCに比べ高い

FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPI (プレーン)

乳清たんぱくとレシチンのみで余計なものが入っていない、今一番おすすめのプロテイン。

味はプレーンで薄い牛乳に近く、さっぱりしていて飲みやすいです。

シンプルな成分で溶けやすいよう調整されていないため、だまになりやすく泡立ちやすいのが難点ですが、安心して飲めるのが良いですね。

個人的にパッケージも好みだったりします。

WPC

タンパク質の割合や消化吸収速度はWPIにやや劣るものの、安価で求めやすいプロテインです。

こちらは乳糖が入っているため、牛乳でお腹が緩くなる方はご注意ください。

  • タンパク質の比率がWPIに比べやや劣る(70~80%程度)
  • 牛乳に含まれる乳糖やミネラルが入っている
  • 消化吸収がWPIに比べ遅い
  • 値段がWPIに比べ安い

FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPC (プレーン)

WPIで紹介したプロテインとメーカーのWPC版です。

特徴はほぼ一緒ですが値段の安さが魅力的で、初めてプロテインを購入される方でもお求め安いと思います。

ON Gold Standard 100% ホエイ ダブルリッチチョコレート 907g(2lb)

前の2つはプレーンなのでかなりさっぱりした味ですが、もっと味付けされたプロテインが飲みたい方にはこちらもおすすめです。

チョコレートやココアを飲んでいるような、おやつ感覚として飲んでも違和感ないと思います。

何の混ぜても溶けやすく飲みやすいのも良いですね。

ソイプロテインはダイエットにおすすめ

ソイは大豆のことですね。

きな粉を思わせる風味があります。

基本はホエイをおすすめしていますが、ダイエットで空腹感を抑えたい場合など、あえてゆっくり消化して腹持ちを良くしたい目的がある場合の選択肢として使えます。

明治 ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味【45食分】 945g

薬局でも見かけるSAVASのプロテインです。

溶けやすく味も申し分ないので、迷ったらとりあえずSAVASを手に取ってみてはいかがでしょうか。

プロテインは健康管理にもおすすめのアイテム

タンパク質が不足しがちな現代において、日常的に運動をするしないに依らずプロテインを取ることは健康を維持する上でもおすすめの方法になります。

プロテイン選びで迷った方は牛乳でお腹が緩くなるかどうかに合わせて、ホエイプロテインを選んでみてはいかがでしょうか。

それではまた!

紹介